Category Archive: 革新

アメリ力的に派手でドラマチックな車

新しいV8エンジンを作れないカイザーは、1954年に古い6気筒いかにもアメリ力的に派手でドラマチックな力イザーマンハッタン。コンテイネンタルにクラッチ付きの遠心式過給機を付けて140馬力に強化しますが、「スーパーチャージャーを付けた車は消滅する」というアメリカのジンクスに打ち克つことはできなかったようです。多くの人にとって最も忘れ難いカイザーは、ミッキーマウスの目のような巨大な前後ウインドシールドを持つデザインは、これまたアメリカそのものといえるでしょう。1952年型はウインドシールドの中央に柱があり、ダッシュボードにクラッシュパッドを付けた史上初の車となりました。新しい年型では柱がなくなり、ボンネットが平らになってエアスクープが付き、グリルもいっそう派手になります。 Read the rest of this entry >>

世界中で最も進化した革命的な車

太平洋戦争の終わらない1945年7月初日、カイザー・アレイザー・コーポレーションの設立を発表したようです。8月6日に広島、9日に長崎に原爆を落とす1946年に47年型として発表されたのが最初の力イザー・カスタム・セダンでした。彼らはすでに勝利を確信し、戦後の計画を進めていたようです。フォードはウィローランに飛行機工場を持ちBM爆撃機を量産していたようです。そして1945年6月、まだ戦争が終結していないのに、8685機を生産して工場を閉鎖しました。その翌月の6日にフォードは民間用乗用車の生産を再開、その月にカイザー・アレイザーが発足したというわけです。そしてカイザー ・プレイザーはフォード社の巨大なウィローラン工場を買い取って乗用車生産を始めるのです。 Read the rest of this entry >>